スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by chikka‐j
 
[スポンサー広告
レッスン18回目
前回のレッスンから2週間あけて・・・・

でも、思ってたほど練習できなかった・・・


当日、長女のクラスのランチ会だったので、朝からチェロを車に乗せて吉祥寺へ。
ギリギリまで食べて喋って、後はダッシュで教室へ。
時間ぴったりに到着して、ホ・・・

慌てて調律。
まずは、スケールかな?と構えてると
「じゃ、(P.24の)初めから♪」

もぉ~、焦るじゃん~

①つ目  上のパートは特に問題なし(?)
下は・・・。
 ・弓元をもっと使った方がいい。
 ・弦をまたいで音を出す時の左手の準備が遅い。
  すべての指を一気に!動かす(って・・・、むずかしいっす)
 ・右手は弓を弦の上を転がすように

②つ目
先生、いきなりクスクス・・・
どうも、私の左手の指の動きが面白いらしい。
抑えてない間の指の位置が遠くて、エイや~っって感じで力が入っていて、
パタパタしてる、と。
「出来るだけ近くに置いて」と、もう一度やり直し。
でも、ど~も、小指だけが言うこと聞いてくれない。
「なんだか、カワイイ感じ♪」といわれて
ここのところ、『小指ちゃん、しっかり立ってね強化週間』だったからww

最終的に、「気にしないでいいですよ~♪」だって。

いいんだか、悪いんだか・・・。

③番め
上も下も 「コレはいいですね~」、と合格

④番目
音程はOK
でも、4分音符と8分音符のスラーで 8分音符のほうが目立って聞こえるから
と、そこを注意された。
どうしても、弓の動きが大きく(早いし)なるから、難しいんだよな~
それから、最後の小節の8分音符を 少ない弓の動きでもはっきりと発音できるように、だそうだ。

これまた、難関・・・。

⑤番目

コレに至っては、もうヘロヘロ・・・(すでにかなり疲れてるし)
「シソドレ ファソシソ」と「ファソレ ファミソレソ」のところは、
出来るだけ指の屈伸で移弦の時の腕パタパタwを予防した「つもり」だったけど
その思いもむなしく自滅・・・。
下の段の「ドレミレド ミレミ」なんて、
音がも~みんな繋がっちゃうし、
おまけに関係ない音まで混じってわけ分からない和音のように響くし・・・
で、最悪。

「ドレミレド」のところのボーイングの怪しさといったら。。。
でも、「きっと、弓が足りなくなってるからでしょう。」
ということで、節約モードで弾いて見たら、さっきよりは幾分まし。

後は、8分休符のところ。
弓を止めるタイミングが、少し遅いみたい。
そのせいか、弦を押さえるときの音が混じってしまう。

先生からはそんなところを注意されたけど、私としては、
自分の ミーミーというか、キ~キ~というか、妙な金属的な音がどうも気になるんだなあ。
コレって、だんだん丸い柔らかい音に代わっていくんだろうか?
確かに、はじめたばっかりの時の自分の音に比べたら、いくらかはましになってきているから、
腕が上がれば、どの変も変るのかな?

それとも、弦をこの際変えてみるか・・・・。
でも、この前 弦を買った報告をした時、
先生まだは早いですね~って言ってたから、後半年は我慢するか。

さてさて、
続いてP.27のModerato

先生は「特に問題ないですね♪」って言ってくれたけど
いや・・・・、
「ドド」って飛ぶところ、とか・・・。
『ドド』に至っては、2オクターブ。
C線からA線まで端から端じゃん!!

ということで、そこだけピックアップして練習。
移弦の時、肘から先にあげて、
その動きに弓が付いて行くようにするように教えてもらってチャレンジ。

正直、難しい
こんなの、私にさせることじゃあらへんで~

続いて、三度音階。
軽く予習はしてあったけど、いろんなパターンで弾くところまではまだ。
スタッカートが混じると、弓の配分から、UP/DOWNの弓の動きまで もうワケワカメ状態・・・。

生憎ちょうどタイムアウト、ということで、このあたりから宿題。

でも、45分のレッスン、短いな~。
あっという間に終わっちゃう。
もっと丁寧に教えて欲しいと思うと、きっと進まないんだろうし・・・。
『レッスン時間短い』って言ったら「そんなこと言う人、初めてですよ~」って言われちゃった。
本当は、1時間半くらいレッスン受けたい気分。

宿題・P.27 三度音階をいろんなパターンで。
P.28 Aregro Mderato 1と5のパターンで。

一週間しかないから、きつ~い








スポンサーサイト
Posted by chikka‐j
comment:2   trackback:0
[lesson]  thema:チェロ - genre:音楽
comment
でしょ~、下の段は先生「が」弾くもんだと私も固く信じてたのですが・・・。
ほかの生徒さんたちもそうしてるのか、一度誰かに聴いてみようかな?なんて思ってはいるのですが。
進みが速い?のはあまり深く掘り下げてもらってないからなのか
それとも、さらっと進めるのが先生の方針なのか?
よくわかりません^^;
基本、自己申告のようです。
だいぶ、先生と仲良しになってきたので、いろんな事を言える様になって来たのが救いデス

昨日のレッスンでは、下の段の残りと、P.28でしたが、
難しすぎっ><
でも、実は面白い~♪

2008/11/14 13:10 | URL | edit posted by chikka
いや、驚きました!!
今回詳しくレッスンを書いてくださっていたので おもしろかったです。

まず驚いたのは。。。下の段を弾いてる・・・!
下の段は先生が弾くパートだと思っていました。
私だけじゃなく 数人のウェルナーで習っている方がみんなそんな風に言っていたので。。。
chikkaさん 恐るべし ! かこいい~

私のレッスンはウェルナーだけですが、45分(でも実際は35分 泣)の間に 半ページくらいしか進まないです。
chikkaさんの進みっぷりにも 驚きます~。
どんどん進んでるけれど、先生の注意も細かくいろいろあって
なんだか羨ましい 雰囲気に思えます。^^

それから パタンの練習も 私の先生は省かれます~。
なのに どうしてこんなにちょっとずつしか進まないのかな。。。
^^;

私は今 28ページ入ったところです~。

2008/11/14 11:34 | URL | edit posted by chacha
comment posting














 

trackback URL
http://chikka1965.blog116.fc2.com/tb.php/45-beb6b262
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。