スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by chikka‐j
 
[スポンサー広告
レッスン13回目
今日のレッスンは代打の先生。
私の先生、時々演奏会の都合とかでお休みされるので、
その代わりの先生に教えてもらいます。
違う先生に教えてもらうのって、
新鮮だけど 何を教えてもらうのかちょっと心配な感じも。

いつもの先生にも聞いてみたけれど、セカンドオピニオンが欲しいと思ってた事とか聞くチャンス
なはずなのに、何を聞いていいのか良くわからない。
とりえず、小指のことかな?
それと、音の立ち上がりの発音が悪いと言うこと。

この先生には始めて間もない頃に一度レッスンを受けたことあるのだけど
しばらくお休みしてたから 上達どころか、下手になってる・・・とついつい言い訳。
「そんなこと、自分でおっしゃらなくていいですよ。それは、聞いた者が判断しますから。」
そうだね、下手だからレッスンに来てるんだから。

さて、音の立ち上がりが
「まるで、ツクツクボウシが鳴き始める時みたいな『ン゛ビ~』って感じで ハッキリしないんですよね」
って言ったら笑われちゃった
開放弦では弾けていると言うことなので、スケールを聞いてもらう。
「きっと、押さえる力が弱いので、発音が悪くなってるのでしょう。
特にC線。
一番強く張ってある弦だから、しっかり押さえないと。

ウェルナーのp.22のおさらい。

「A線を弾く時に手のひらが外を向いている。
G線の様な抱えこむ形のときはいいけれど、
外を向いた分、無駄な動きが必要になってくるから
そのままの形でA線を弾くように。
なるべく、小指ヲ使う時でも弦の傍にあるほうが良いよ。」
「手のフリが大きいのは、強く押さえようとしての結果なのだろうけど
振る癖が付いてるから 近くで押さえようとすると力が足りなくなってくる。
もっと身体全体の力を使って。」
「引き寄せる感じでいいんですか?」
「『引き寄せる』!ナイスですね~その言葉www」

移弦の練習・・・。
一通り弾いたところで
「車、運転しますか?」
「ハイ♪」
「マニュアルですか?」
「オートマです♪」
「・・・。」

ギアチェンジに喩えて話がしたかったらしいです。

ギアが外れてから次にかみ合ってから、アクセル踏まないとダメ。
アクセル踏みながらクラッチ踏んだりしてもダメ。
移弦も、弦を変える動作と弓を横に動かす動作を同時にしちゃいけない。
重さが乗る前に弓を動かしてもちゃんとした音が出ない。
きちんと弓をとめて、弦に重みをきちんと乗せてから。
上手くなれば、その動きのインターバルが短くなるだけ。

実際は間が開いたとしても、音が残ってる。
その間に隣の弦に移る準備をしたらいいから、そんなに心配しなくていい。」
まずは、きっちり動きを身体で覚えなくちゃいけない、ってコトだな。

スラーの付いた移弦
うは~、ダメダメだ。
いくらスラーったって 音があやふや。
弾いていて気持ち悪いんだけど・・・。
でも、音でなくて、「移弦」について検討。
「それぞれの音を出すための2本の直線(の運動)をいかに曲線で繋いでいくか、
ひとつの音を出すときの弓の角度の範囲(隣のそれぞれの弦にぎりぎり触れないだけの角度の違い)
で一番短い移動距離で弾く、
もしくは一番長い移動距離で弾くかの違いを覚えれば 
移弦はそれほど怖くない。」
と、先生はおっしゃいますが・・・。

残りの時間はp.26~28
一通り弾けているので
もっと抑揚をつけて、と。
音価にそって強弱をつけるとか、繰り返しのフレーズでも弾き方を変えるとか。
ウ~ン、やってるつもりだったんですけど・・・。
ど~も自分の「気持ちの上で」だけだったようです。
でも、確かに、意識の仕方かでずいぶんこんな単純なフレーズでも
「曲」になるから不思議なものです。

それにしても、音程が・・・。

しかし!

リズムの変化に伴って、意識が左手に向くようになってしまうけれど
「とにかく、右手は常に決まった動きを続けるように。
右手が落ち着くと、左手も安定してくるから。」

一通り弾いたところで時間切れ(というか、3分オーバー)
教室から出ると次の方が一言。
「楽しそうに弾いてますね。私なんて、苦しんでますよ~」

あらら、苦しいなんてもったいない。
熟年の習い事、楽しんでなんぼのもん。
ですよね。












スポンサーサイト
Posted by chikka‐j
comment:0   trackback:0
[lesson
comment
comment posting














 

trackback URL
http://chikka1965.blog116.fc2.com/tb.php/35-26c15c34
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。