スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by chikka‐j
 
[スポンサー広告
レッスン 11回目
さすがに、この前みたいに3週間もあいてしまうと長~~いって思うけど
一週間は、みじかい・・・。

では、先週のの続き・・ということで始まったレッスン。
ウェルナーP.22
あれ?Dの音が見つからないあれあれ??
よっしゃ==とはじめたのが、どういうわけだかC線のDから。
譜面を見ると、Dは開放弦って事になってるのに
「押さえなきゃ この音、出ないじゃん!!」
内心のすごく怒りながら弾いていたんだけど
そこそこ弾き続けて気が付いた。

1オクターブ低かった・・・

先生には、「どこ弾いてるのかと思って、探しちゃいましたよ~~って大爆笑されるし。
やってたのが管楽器でなくてよかった・・・。
管だと、絶対吹けないもん。
たぶん、10分は笑えて吹けないな~
その点、弦楽器って笑いながらでも、話しながらでも、
はたまた、食べながらでも弾けるからいいわぁ~~

さて、本題。

3拍子のリズムの取り方が甘いと。
「3拍子」をはっきり出すために、スラーのかかっている最後の音を弾く時
レ~ミで「よいしょっ」と弓を引きなおすと遅れてしまうので
右手のスピードは変えず流れるようにする。

なるほど~~

8分音符で弾くところになると
どうも、弓先に行くにつれ、音が抜けてしまっているらしい。
弓が滑っているようにも聞こえるといわれた。
弓の動き自体は、いいらしい(ホンマか?)ので、その辺のところ注意してみる(でも、弾けるとは限らない)。
あと、動きが早くなると、音程も怪しくなって
特にG 線の、Hが低いので、高めにとるように、
それから、C線の場合、左手が付くと、とたんに音が汚くなっちゃう。
前にも言われてけど、指が届き易くなるように 左腕の角度とかを考えなくてはいけない。
どうしても、親指に力が入ってしまうので ほかの指にまで要らない力が入るのかな?
意識して、親指の脱力を心がけてみる。

裏技になるのかもしれないけれど
C線でff とか弾く場合、楽器自体の角度を調節して(外側に傾ける)弾きやすくする事もあるんだって。

ところで、今の演奏(と言えるのか?)全てに言える事が 左の指の押さえ。
基本的に、解放弦以外の音を弾く時は
1の指を完全に押さえ状態にしておくのが望ましい。
私の場合、3の指を押さえると、1が浮いてしまう?
一度浮かせてしまうと 戻ってきた時など、また力を必要とするので 音が不安定になる。
だから、ずっと押さえっぱなしにする様に。
との事。
変な癖がつく前に直した方が断絶いいはず。
調子良く「意識したらできます…と、思います」と言った出前、早く直さなくちゃ?

あと、難しいのが
例えば、D線のG→Aに移るところ。
小指が隣の弦に触れて 解放弦の音が出ない。
ウペぇ~~、とか ケケケっ、とか、はたまたスカッ…?
今まで 小指の形は適当にしていたからなぁ…
もっと立てて できるだけ垂直方向から弦を押さえられる様になると良いのかな?

やっぱり、親指の力が抜けると小指の角度も良くなるような気がする。
今度ゆっくり聞いて見よう!

さて、このP.22は、毎回の練習の時にする事になった。
よほど重要なんだろうな?

次は P.23のスケール。

早速1の指の位置が怪しい、と指摘される?
指板は平らでない事に留意する様に、と。
自分でも 親指を軸に1の指が弧をかいている気がして気になっていたところ。
今日(に限らず…)のキーワードは「親指

それから、移弦と言うか、弓を返す時に右手の圧力を変えない事。

左手に惑わされず ひたすら圧力を変えずに「我が道を行く!」と、右手の仕事を続ける事が大事。

一本調子に聞こえる様に、強弱をつけない。

つくづく、ボーイングの大切さを痛感。

さて、ドッツァウアー。
一向に進まない。
おまけに、今日は どうも弓の調子が良くないみたい(あくまでも、自分の腕のことは棚に上げて
圧をかけすぎると ガリガリと雑音ばかりになってしまうので、
力を抜き加減?に弾いてみるけど上手くいかない

そして、これといった事をせずに またしても時間切れ
さすがに、次こそは大きな古時計」合わせましょうね、といってくれたから
先生、期待してるよ~~

今日の一言?
「レッスンの時だけ、言われたことすぐ出来るのは一種の才能ですね
それって、ほめ言葉なんでしょうか?

そして、今日の雑感
よく乱暴して、教本のページめくるのに 弓の先を使ったりするけれど(邪道ですよね?やっぱり・・・)
レッスン中に教本にあれこれ書き込みたくても、教本まで手が届きにくい
弓の先に 鉛筆みたいな芯がついていたらいいな~
と言ったら笑われた
なかなかいいアイデアだと思ったのにな~~

宿題

ウェルナーP.22
      P.24~25の出来るところまで
ドッツァウアーNo.1&2の途中まで
大きな古時計

実は、夏休みに3週間くらい旅行に出かけるので
その間、レッスンができなくなってしまう・・・
先生のスケジュールと照らし合わせると
7月と8月は、それぞれ1回ずつしか レッスンに出られないことになってしまった。
その残りのレッスンも確実に出来るかどうか分からなくて、月謝を納めるのも・・・・(この辺はしっかり主婦
なので、2ヶ月間、レッスンをお休みすることにしました

しっかり自主練して、今まで習ったこと 忘れないようにしなくちゃ!
広尾の○ーシュでのレッスン、申し込んでみようかな?
スポンサーサイト
Posted by chikka‐j
comment:2   trackback:0
[lesson
comment
私もC線を弾くとき楽器の角度を変えたほうが弾きやすいと
最初のころに教わりました~。
だから間違ったやり方ではないですよ(^^)
それに、そのうち慣れて角度を変えなくても弾けるようになりますから!
2008/06/24 23:05 | URL | edit posted by ハーモニーアンジュ
裏技とかあるんですね

チェロ、逆に右側に倒し気味で弾いているのは見たことあるけど、外側に倒す方法もあるんだ~

本当に弾き方っていろいろアリですね
2008/06/24 22:49 | URL | edit posted by ちゃちゃ
comment posting














 

trackback URL
http://chikka1965.blog116.fc2.com/tb.php/27-939cbc1b
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。