fc2ブログ
はじめてのおつかい、ぢゃなくて《発表会》
やば!
下書きのつもりだったのが、公開になっていて・・・
どなたか、拍手を下さっていました。
ありがとうございます

それにしても、いきなりこれじゃあ
聴いた方もびっくりしたことでしょう
お耳汚し、失礼致しました

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

去る、14日
mixiのとあるコミュで「夏のプチ発表会」という楽しい催しが企画されまして
それに参加してまいりました。

チェロをはじめて2年半。
幸運なことに、これまであちこちアンサンブルに参加する機会を与えてもらったのだけれど
ソロではまだ。
私の教室ではまだ発表会をしましょうという話は無く(いつかして欲しいな~~♪)
自分のモチベーションを挙げるにもソロでの演奏もしてみたかったところへ
何たる嬉しい企画

曲も自分で決めて、
先生もそれに対して「難しいですよ・・・」といいながらも
とても丁寧に指導してくださって
良く出来た、とは言えないまでも
この曲にチャレンジしたことで身に付きつつある事もあるはず

はじめてのピアノ合わせ。
自分から合図を出す事のむづかしい事!
イヤ~、リコーダーのアンサンブルとかでザッツを出す役になったこともあるけれど
それとはまた違う。
でもでも、いいわ~
ピアノと合ったときの気持ちの良いこと
音程はずした時のバツの悪さもやってみないとわからないね

さてさて、
イメージどおりに弾くにはまだ程遠い状態で本番の日を向かえ・・・。

朝、かばんに荷物を詰めながら
「このファイルより、こっちのほうが軽いかな~~」と、楽譜を別のファイルにはさみ、
カメラやらレコーダーやら
そうそう、エンドピンストッパーも忘れちゃダメダメ~と余裕で荷造り終了。
電車に乗り込んだら そこではじめて「今日が本番なんだ~」とにわかにドキドキ・・・・
でも、お友達に励ましの言葉をもらったり
乗換えであたふたしてるうちに、そんな気分もどこへやら

会場についてみてみれば、想像以上の立派さにちょっと興奮してきましたよ~~

はじめましての人も、お久しぶりの人も
みんな緊張と期待でキラキラしてる
私も~~、ドキドキだけどワクワク。

リハ

順番が回ってきて
楽譜のファイルを広げ、
伴奏のJ先生にあらためてご挨拶。

ドソロから始まるこの曲
出だしの音を確認して、弾きはじめる・・・・。
そこへピアノが入ってきて、曲想が変わるところで合図を出・・・・
あ”~~~
楽譜が違うぅぅぅぅ~~~~っ

なんとなんと
「ピアノ伴奏譜」を持ってきて
肝心の自分の楽譜、置いて来ちゃった

ってか

何で弾いてる途中に気がつくんだよ、私
ごたごた考えても仕方ないし
伸ばす音の長さの確認をして
ひととおり弾き終えて終了。
あ~~あやっちゃったよ~


本番

テンパり過ぎてるのか、ひとつ手前で出ちゃいそうになる。

私の出番。
Sさんが紹介してくれてるけど、その言葉なんで聞いてやしないし
とにかく席に着くまで、つまづかないようにそればっかり。
頭の中は初めの出だしの音がぐ~~るぐる
お守りがわりに持ってきたファイルを広げてみる。
でも、そこにかかれた旋律は小さくって見えやしないし、
ハイ、キッパリ見るのはあきらめました。


引き始めた途端、会場がいきなり静まり返ったような。

自分の音とピアノの音だけ

こんなのはじめて

弓順もダイナミクスも
みんな覚えてるはずだったのに、私の頭の中の楽譜は真っ白
自分で作っちゃっていいんだ(こんなに開き直れる自分ってすごい、と思いながら)
あわわ・・・、左手震えてるし~~
あ~~っ右手も~~

両方震えると、弓って跳ねるんだ~~
ぁ、また変な事考えてる~~

おお~~っ最後のフレーズ。
またまたのドソロ。

弾く弦、間違わないようにしなくちゃ~~
来た来た~、最後のロングトーン
あ”~~、弓が足りないしぃ~~~~
いいや、いいや「pppp」で終わるんだから
このまま消えてしまおう・・・
うわ~~ホントにギリギリだしぃ~~~

そんなことを考えながら弾いたのがこれ



[VOON] ソルヴェイグの歌

わざわざ足を運んでくれたお友達も
身に余るほどの賛辞をくださって
本当に嬉しかった~~

心臓にいいことばっかりでもないけれど
クセになるかも

個人(デュオも含む)の発表の後には全体アンサンブル
何度か練習を重ねていくうちに温かみがまして行く感じ



こんな素敵な機会を作ってくれたSさん、心から感謝

チェロってイイね~~


<追記>

今までの空白の2ヶ月
全部は無理でもさかのぼって書いていかなくちゃ!と自分に渇をいれちう
スポンサーサイト



Posted by chikka‐j
comment:15   trackback:0
[concert]  thema:チェロ - genre:音楽
5/1000
今日は、1000チェロで知り合った仲間と
その仲間たちでアンサンブル大会。

懐かしい1000チェロの曲も、
そして、新曲!!も

旋律も弾いちゃいます(モチ、私一人ではないのだ、心強き助っ人同伴

沢山の出会いをくれたチェロに乾杯
Posted by chikka‐j
comment:1   trackback:0
[Ensemble]  thema:チェロ - genre:音楽
素敵な仲間といたずらMuse
100828_1256151.jpg

土曜日の午後、都内のとある教会で行われたアンサンブル
とてもとっても素敵なひとときでした。

はじめましての顔あり
あら、おひさしぶり!の顔あり
私が一方的に知ってる顔ありw

そんなメンバー総勢17名。
せーの、で弾き始めたら、なんてこと!
包まれるような響が・・・
「教会」という場所もあったのかもしれないけれど
暖かくてふわ~っとした響き
仲間だけ、ということもあったからリラックスしてた?
何度も弾いてきた曲だから?
何より、心強い仲間に囲まれてたからだろうな

トップのFさんの、的確かつ優しい指示
どんどん息が合ってゆく。

練習とはいえ、終わって欲しくはなかった。

各グループの練習も終えて
いよいよ本番に向けての準備!

もう、楽器片付けちゃいたいわ~、と口走ったら
「大丈夫神様が助けてくれるから」の声
そっか魔物でなくて、ミューズなのね

でも、そうは言っても袖に下がると
キャ~~、焦る焦る
チューニングしてないし~~
「舞台でやるから」と、どこからか声が

さて、自分の席につき
あれ?チューニングは?
ま、いっか~
と弾き始めたら
「あ”~~~~~
私ったら弓、張ってないじゃん

よりによって1パートだしぃ~~
途中、休みないしぃ~~

空気のぬけた自転車のタイヤのようだったけれど
どうにか、弾き通しましたよ

私の周りにいるMuseは、どうやらいたずら娘のようです

続く2曲も 
与えられた音に心を込めて
私達5人に与えられた時間
私達らしく過ごせた。
掛替えのない時間を過ごせたんだな~

他のメンバーが率いるグループも
持ち味を生かした演奏を披露してくれました。

みんなで練習会しよう!という声から始まった今回のアンサンブル会
素敵な仲間達がいてからこそ。

こんな輪の中にいられる幸せをかみ締めつつも
次へ進まなくちゃ

演奏曲目

<5/1000>

シチリアーナ:O.Respighi
「血と骨」第4章:岩代太郎
In My Life:Lennon and MacCartney

<全体合奏>

レリジオーソ:G.Goltermann
クリスマスキャロル「天にはさかえ」 賛美歌98番:Mendelssohn
シーラブズユー:Lennon and MacCartney
セレナーデ:F.P.Lachner
パッサカリア:G.Handel
風の名前を教えて:作曲者不詳



Posted by chikka‐j
comment:1   trackback:0
[Ensemble]  thema:チェロ - genre:音楽
1000人のチェロ同窓会
待ちに待った、この日がやってきました

品川で集った50人あまり。
懐かしい顔沢山発見!
お話をしたことがある人もそうでない人も
私が一方的に知ってる人も
人生のお手本にしたい先輩方
これからの成長が超超超~~楽しみな若いチェリストも
みんな生き生き今の時間を楽しんでいるように見えました


広島でのあの日から3ヶ月と半分
遠い昔のような
つい前日のような
とにかく、1000チェロに参加しようと決めたその日から
私の世界は格段に広がったんだもん

広島には行かないかもしれないけれど
アンサンブルがしたい。
練習の機会が沢山ほしい。
チェロを弾く仲間が欲しい。
そんな理由だったと思う。

すべてが叶った、と思う。

でも、それ以上に
音に囲まれる幸せを知ったし、
今生きていて ここに存在できるることの喜びを知った
一緒に創り上げていく喜びを分かち合える、仲間と出会えた
普段は家庭の主婦、3人の子どもの(ろくでもない^^;)母親が
自分のあり方を考える機会も与えてもらった
好奇心を目一杯くすぐられる快感
自分の存在価値を考えたりもしたな~。

さて、これで私の夏休みも一区切り。
1000チェロを終えて、気が付いたら東京に戻って来てしまって
どこかに置いてきぼりにしてちゃっていたような
宙ぶらりんな気持ちに区切りが付いた気がする

1000チェロのDVDを観ながら
たしかに私たち、あそこにいたんだ、と。

さて、次に向かって一歩前進






Posted by chikka‐j
comment:1   trackback:0
[1000cello]  thema:チェロ - genre:音楽
| HOME |