fc2ブログ
ゴンちゃん 外泊す
4月のはじめ、そろそろ弦も張り換えなくちゃ
と、A&D線をいままでのヤーガーからラーセンに換えたところ
はじめは良かったんだけど、だんだんなんだか音が出にくくなってきて・・・

こりゃヤバイ! 
ちょうど3年目を迎えたことだし、
弓の毛がえにもちょうど1年経ったし
1000チェロも控えてるし、ということで調整に出すことに。

弦高がまたまた高くなってきてるのは感じてたけど
他にも悪いところがあったらどうしよう・・・

実は、持って行きたかった工房があったのだけれど、
持って行くにも、引き取りに行くにも遠いのが難点で
今回は断念。

さて、工房につくとバイオリン弾きさんの先客が。
入れ替わりで私の番。
今の状況を簡単に説明して見積もりがでるまでしばし時間つぶし。

案の定、
弦高が高くなっている
それに加え、駒の位置がずれてる!!と連絡が入り、再び工房へ。

ネックが反ってだんだんと弦高が高くなってきて
今やC線はコントラバス並み!!だって・・・。

『弾きにくかったでしょう』、と言われるものの
こんなものだ、と思っていたということもあるし、
ハイポジを弾く必要がなかったからかあまり危機感はなし。

『今まで歯を食いしばって弾いてたでしょ?
楽に楽しく弾けるようにになりますから!』

でも、そもそもどうして弦高が高くなるの?
・・・私の場合は『湿度』が一番の要因だそうだ。
今後の悪化予防のためにも
乾燥剤の使用を勧められた。

よく、弦が勝手に緩んでた、なんて話を耳にしたけど私のチェロにおいては一度もなかったのも
湿度が高くて、ペグが膨らんで緩みようがなかったから??
それも何だか合点がいく話。

「ほら^^」、と言われてネックを見ると私でも分かるほど反ってる!!
もともと、少しは反りを入れるらしいんだけど、それにしても・・・・。

そりゃ、蒸し風呂状態じゃゴンチャンが可哀そうだしね


それから魂柱!!
こちらも、効く場所から7mm(この違いが大きいのか小さいのか分からないが)
ずれた位置にあったので直してもらう事に。

「明日取に来て」、ということで一晩お泊り。

ない時に限って弾きたくなるんだよな~
夜も、次の日の朝もちょっと寂しかったけれど、
でも仕事があるのでお迎えは夕方までお預け。

昼過ぎには『出来ました。いつでもどうぞ』と連絡がはいった。

どうも、ネックの反りよりも、魂柱の方が問題が大きかったらしい。
『駒をはずしたら、魂柱がコロンと倒れましたよ』
だって~~っ

ということは、ちゃんと魂柱が効いてなかったって事!?
今までは楽器がちゃんと鳴ってなかったんだ~~。
これまでは『楽器になっていなかった』から、『これからどんどん変わっていきますから。成長していきますよ^^』

ありがとう!!
ゴンちゃんを救ってくれて。

音出していって
といわれて弾いてみると
ちがうよ、ちがう!
弦が柔らかく感じるのと(相変わらず、同じような力の入れ方で弾いてるから、グイッと押さえつけるけどそんな必要がなさそう)
発音がよくなってる!
低音も響きがいい感じ

『今までモヤっとした音だったけれど、これからは芯のあるブンって太い音に変わっていくから。』

うほ~~楽しみ


家に帰ってきて早速新しい毛に松脂付けて弾いてみたけど
ちょっとたりなかったみたいで、音がひっくり返ってる
まるで変声期の男の子みたい

さて、どんな男前に育っていくのかな~~













スポンサーサイト



Posted by chikka‐j
comment:4   trackback:0
[my celllo]  thema:チェロ - genre:音楽
1000チェロまであと1週間
5月5日、GWも最後
夏を思わせるような日差しの暑くなった日、
最後の東京での分奏が終わりました。

1月の末の初めての分奏ではダウンのコート着込んで行ったのに、
チェロを背負う背中に汗をかくほどの季節に、時間の経過を感じました。

会場には50人ほど集まったでしょうか。
驚いたことに、今までパートによっては弾く人がいない、ということはよくあったのに、
今回は1パートから13パートまで、欠けることなく集まりました。

広島まで残すところあとわずか、
みなの緊張感に構成の良さもあいまって
あ~、ひとつになってると感じながら(私が足を引っ張ってることは抜きにして、ネ)
これで、東京ではこんな風に集まる事もないのか、と思うと
無性に寂しくなって、このまま練習が終わって欲しくなくなったり。
前半はこの前の悪い記憶だけが蘇って、頭の中が空っぽになっていくよう・・・みたいな時もあったんだけど
そうだ、みんながいるんだ、と気がついて(分かってたんだけど、どこか封印してたところがあったみたい)
そした途端、何かが吹っ切れた!
すごく軽くなって、楽しい!!
良かった・・・・。

一通り 本番の曲順に全曲を通し
最後に、「八十嶋先生のパッサカリアが弾きたい」と声が上がり
八十嶋先生が日ごろ「自分だったら」とおっしゃっていたテンポで最後の演奏。
なんだか胸が熱くなって、泣けてきそうに・・・(いまだに弾くのに必死なので、実際は泣けるだけの余裕はなかった・・・


私がここまでやってこれたのも
ホイ!と背中を押してくれた友人があって
一緒に頑張ろう!!という友人があって
1000チェロの場で初めて出会って(まだ見ぬ人も)一緒に頑張ろう!と励ましあって
年齢も性別も
職業も経歴も
チェロをどれだけ弾いていたとか、
うまいとか下手だとか
初対面の人もそうでない人も、
人見知りの人もそうでない人も
そんなことぜ~んぶ取っ払って
ひとつのことを目標に集まった人たちがいて
それをはじめようと最初のっぽを踏んだ人たちがいて
それを今まで縁の下の力持ちで引っ張り、継続してくれた人がいて
しっかり弾けるようになりましょう、と指導してくださった先生がいて
バラバラだった音をひとつにまとめようと指導してくださった八十嶋線、田久保先生
いつも分奏の時には皆に美味しいケーキを振舞ってくださった八十嶋先生野奥さま。

最後に頂いたケーキのひとつが「ズザンナさんのレシピのアップルケーキ」
だったことはとても感激でした。

どれも欠けては、今の私はなかったんだ。


あ~、なんてすごいんだろう!



広島には、金曜のパート練習から参加します。
空いている時間には 原爆ドームも訪れる予定です。

なんか、泣いちゃいそう・・・。



             第4回 1000人のチェロ・コンサート
              ~広島から世界平和の願いを込めて~
                 
(1)  鳥の歌 (Song of Bird) ゲリンガス氏のソロ

              ~前半~ 
                     指揮:田久保裕一氏
(2)  スズキ指導曲より(フランス民謡・むすんでひらいて・かすみか雲か)           
(3)  セレナーデ :ラッヒナー
(4)  「原爆」 : 古屋さおり作曲 :子供合唱団との共演
(5)  1000人のCelloの為のREQUIEM Ⅱ(HIROSHIMAの為に):三枝成彰
(6)  チェロのためのレクイエム : 三枝成彰
(7)  ヒムヌス : J.クレンゲル作曲
(8)  特別曲 「グラナダ」 : A.Lara テノール:原田康夫
(9)  パッサカリア : G.F.ヘンデル
              ~後半~
                      指揮:D.ゲリンガス氏
(10) フラトレス : A.ペルト
(11) カンタータ「モスクワ」よりアリオーゾ: チャイコフスキー
(12) レリジォーゾ : G.ゴルターマン
(13  ブラジル風バッハより「モディーナ」 : H.ビィラ・ロボス 
(14) 「広島から世界へ」 : 各国代表的曲のメドレー

Posted by chikka‐j
comment:2   trackback:0
[1000cello]  thema:チェロ - genre:音楽
いっぱいいっぱい
広島まであと6日
金曜のパート練習から参加するので、
あと4日です。

荷造りしようにも、このために買ったコロコロを 
主人が出張で持っていってしまったのでまだできないじゃん。
・・・といっても、たいした荷物はない、はず。

曲が増えたり減ったり、曲順も変わったりしたけど
どうやらもう変更はないというので、しっかり製本しなおしたし。
軽くてもうチョト小さい譜面台が欲しいな、と思ったけど
すでに2本あるから、というのと、
今からじゃもう間に合わないだろうから、という理由で
今回は見送り。

~あ、OTTAVAでブラジル風バッハの1番やってる♪~

おなかがうまく隠れるような(汗汗)ブラウス買わなくちゃ
靴もないわけじゃあないけど、欲しいかな。

準備もこんな調子で、進んでいるような進んでないような・・・

練習??

もう、完璧です(・・・なわけない

広島で、
今、自分が(自分たちが)平和に過ごせている喜びをかみ締めながら
チェロを弾ける幸せを感謝しながら、過ごして来ようと思っています。

さてさて、
こんな今現在をスゴしてるだけで、結構目一杯なはずなのに
実は広島から帰ってきて2週間後にある
コレ↓

チェロ好き達の宴

に参加します。

こちらも曲数も盛りだくさん、
クラシック系あり、ポップス系あり。
八王子でチェロの教室を営んでいる、磯野正明さんの元で
アマチュアとプロのチェロ弾きとが集い、
60数名のチェロだけの構成で演奏されます。

このブログをご覧になっている方で
お時間があるかたがいらっしゃったら、ぜひ聴きに来てください。
4~5歳くらいかな?可愛い子供達も、熟年の方々も
みんな頑張って練習しています






Posted by chikka‐j
comment:0   trackback:0
[1000cello]  thema:チェロ - genre:音楽
いよいよ!!
いよいよ明日、広島に向けて旅立ちます。
まだ荷造り終了してません

今は、留守中の夕食の仕込みにおおわらわ
まずは煮込みハンバーグとミートソーススパゲティのソースが出来上がったところ。
夕食の準備は長女に託してあります。


旅支度

パンツ(ズボンの方ね)は、同じもので良いとしても
さすがにシャツくらいは着替えたいし
そうだよ、大事な譜面台も入れなくちゃいけないし(ちょっと大きくて、押しこまなくては入らないことが判明!!)
さて、この小さなコロコロの中にすべてちゃんと納まるのかな~
強度の問題は オットがこの前が香港まで連れて行って確認済み。
西友で「2000円」で買ったころころ、大活躍だな~

ちょっと、最後のあがき。
練習します

Posted by chikka‐j
comment:3   trackback:0
[1000cello]  thema:チェロ - genre:音楽
5月16日
この日は1000人のチェロコンサートが広島で開かれる日であり
実は、私の次女の誕生日でもあります

本当だったら家族みんなで広島に来てほしかったけれど、
いかんせん、なかなかそうも行かず

泣く泣く(本当か?というツッコミご遠慮いたします)単独広島行きとなりました
(実は、今朝、実家の母に電話をして、無理やり来させる事にしたんですが、現地で会える予定は無し)

留守中の夕食の仕込みと、
彼女への誕生日のプレゼントを準備して

プレゼントは

きっと喜ぶであろう
ドーナツ焼き器


ドーナツ焼き器

それから

いせひでこ 1000の風・1000のチェロ


いいでしょ
Posted by chikka‐j
comment:0   trackback:0
[日々
| HOME | next