スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by chikka‐j
 
[スポンサー広告
石坂団十郎コンサート
2月23日
武蔵野市民会館で行われた
石坂団十郎のコンサートに行ってきました

昨年の秋、
色んなチェロの演奏を聴きたい!と思うようになって来ていたころ
実は、あまり彼のことを知らないままチケットの申し込みをしたのでした。

各地でヴェーとーベンのチェロソナタの全曲を中心としたプログラムで演奏会を開催していたようですが
武蔵野市ではその最終日
純粋にチェロソナタだけの演奏プログラムでした。

正直、演奏の事をあれこれ説明するだけのボキャブラリーにかけるので
演奏の様子は、沢山の方がブログでも紹介されていることもあるようなので どうぞそちらを参考にしてください。

何だよ、これだけ!?
と言われてしまいそうですが、私の感想を・・。


彼のストラディバリは大きな音が出るよ!
と事前に聞いていたのですが スタンウェイでフォルテシモで弾いているはずの部分でも全く気後れすること無く、C線の音がブリブリ響いて来てビックリしました。
若くてパワーがあって なおかつ夢見るような音色だったと思いました。
他の方も『隙のない演奏』と言われているようですが、
とても几帳面でいて それでいてゆとりがあって
見た目も、なんですが「クラーク・ケントがチェロ弾いているよう」に思えて途中ちょっとにやけてしまいました

弾き始め早々に弓の毛が切れて、
少し経ってまた切れて、三回ほど毛が切れる現場を目撃

このまま行ったら弓の毛が全部切れちゃうじゃないの!?と邪念が・・・

途中、2回の休憩が入って
最後は第三番。

最後まで若々しくて疲れ知らずで、
とても力強い演奏でした。

ピアノのマルクス・シルマーさんとの二人の息が、まるで幼馴染のように合っていて 
これまたうっとり
シルマーさん、ちょっとジャイアン風なやんちゃな感じ!?と思ったのは初めだけで
団十郎さんの豊かな音をさらに盛り立てるような 包容力のある演奏だったと思います。

全曲を終えてから
日本語での挨拶。。
そしてアンコール
曲の説明も英語と日本語で


大きな拍手と、歓声の中コンサートは終了。

普通ならこの後サイン会とかがあるのでしょうが
時間の関係でなく、仕方がないので彼のCDを買って帰りました。




チェロ・ソナタ 第4番 ハ長調 op.102-1 (16分)
Sonate C-Dur op.102-1 (16')
チェロ・ソナタ 第2番 ト短調 op.5-2 (27分)
Sonate g-Moll op.5-2 (27')
チェロ・ソナタ 第1番 ヘ長調 op.5-1 (25分)
Sonate F-Dur op.5-1 (25')
チェロ・ソナタ 第5番 ニ長調 op.102-2 (23分)
Sonate D-Dur op.102-2 (23')
チェロ・ソナタ 第3番 イ長調 op.69 (25分)
Sonate A-Dur op.69 (25')


シューベルト 『君はわれが憩い』D.776
クライスラー 『愛の悲しみ』
スポンサーサイト
Posted by chikka‐j
comment:2   trackback:0
[concert]  thema:音楽のある生活 - genre:音楽
1000チェロ分奏3回目
1月の末に1回目の分奏が始まってから今日はなんと3回目の参加になります。
途中、公式練習もあったから
なんと4回目
頑張ってますよ~~

先々週、仕事で腰を痛めてしまったけれど
それもどうにかクリア!
まだ思い感じはあるけど、今日はチェロ担いでいってきます

初めは全く手に負えなかった部分が、最近ほんの少~し手ごたえを感じるようになってきて
超嬉しい!!

忘れないうちに今までのこともかかなくちゃ
だな、自分
Posted by chikka‐j
comment:5   trackback:0
[1000cello]  thema:チェロ - genre:音楽
1000チェロ分奏3回目 行ってきました^^
24日の西荻分奏で、なんと3回目。
電車でチェロを運ぶのも少~しだけ慣れてきて
ドアでケースぶつけるのも、5回に1回ぐらいに減りました

同じ場所で行われた2回目の分奏の時には30人ほど!?もう少しかな?の参加があり
今回はどうかな?と思ってたのですが、どうやら50人を超える参加があったようです。
公式練習では120人弱、分奏では30~80人
そのたび、構成するメンバーも少しずつ違って
その違いがとても興味深かったです。

この日は、日本の歌のメドレーの演奏中止のアナウンスに始まり
今までの訂正事項を確認しながらの練習。

公式練習で、なんと松本理事長さんと寺田義彦先生(・・って故・高円宮殿下の先生でいらしたのですね!)の間で超へへなちょこな音を出していた私
(こんなこと、普通の状況じゃありえないよね!!)
お二人の音を再現しながら 下手は下手なりに、
でも、本番では心を込めて弾ける様になりたいな~~、と思いながら
でも、すぐに『ここ弾けへんだ』『音外した~~』と現実に引き戻され・・・。

しかし、初めの練習のことを思うと 相変わらず弾けないところは弾けないものの
弾けない程度が少し低くなってきているようで、
たまには『よっしゃ~~!!』と思えるところも
練習後、他のパートを弾いている知人からも
『ずいぶん弾けてるように<見えたよ>』とお褒め?の言葉を頂いて ご機嫌の練習となりました
とにかく、弾けるところだけでも気持ちよく弾きたくて、
それが少しでも増えたら・・・と思うばかり。

公式練習に引き続き、今回も練習後にお茶タイム
今回のメンバーも年齢も経験も性別も職業も み~んな違うタイプの人たちばかり。
でも、チェロを愛する気持ちは人一倍持ってるような人たち。
沢山のエネルギーと情熱をいただいて帰りました~

今回、本当に自分でも無謀だったかも、と思いながら申し込んだ1000チェロだったけれど
参加を決める時点から
たぶん、私ほど周りの人に恵まれてる人っていないんじゃないかな?と思ってしまうほど
沢山の人に導いてもらって 今に至ってるのをひしひしと感じるこのごろ。
なんてシアワセなんだろう。








Posted by chikka‐j
comment:0   trackback:0
[1000cello]  thema:チェロ - genre:音楽
シール張っちゃいました。
シール1
1000チェロの楽譜で一番私を悩ませているのが、
『ポジション移動』

まだ1ポジ中心のエチュードがやっと。
それでも思いっ切り背伸びをして「プレヴァールのソナタ」を練習していたところへ
4ポジバリバリ。と言うか、わずかとはいえ、テノール記号まで登場
レッスンでも ポジション移動の仕方を時間をかけて教えていただいたりしたものの
気持ちはしっかり次の音に届いてるつもりが、行き過ぎたり届いていなかったり
そうなると、また次の音が狂っちゃう。

エチュードを弾いている限り、それほど音程のことは気にならなかった(比較するものがない、と言う意味で)けど
合奏となるとそうは行かなくて、でも、基準になる音が何処にあるのか分からない不安に襲われることも。
先生は、『自分の音に自信を持って』と言ってくださるんだけど
それがね~~

で、鉛筆で記しつけて弾いてみたら
あら

でも、ダメなんだ。見ちゃうから。
見てねらう、ってことに意識が集中してしまう。
本来なら、肘や手の角度で覚えなくてはいけないのに
楽な方法で音が取れてしまうと そうでなくては弾けなくなってしまいそう。

印のこと、先生に相談したら『いいですよ。』とおっしゃってはくれたけど
やっぱり本当のことを言うと 自分が許さない。
でも、印がないと弾けないし・・・。
で、思いついたのが 子どもに買ってあった透明のプックリしたアルファベットのシール
文字はあまりに大きかったので却下。
指のほんの先っちょでシールの感触が確認で来たらOKだから
てんてんのシールをポチッと弦と弦の間に。


見ないでも安心して指先の間隔で音が取れるし、
これ、いいかもよ~
出来れば黒くて指板との区別がしにくいのがいいと思うんですけど~
なんせ子供用のシールだからキラキラしちゃって仕方がないのでマジックで「やや」黒くしてみました
シール2


もっとも、音が取れるようになったら、シールとお別れする予定
その日が早く来ますように







Posted by chikka‐j
comment:6   trackback:0
[goods]  thema:チェロ - genre:音楽
分奏4回目 at 新橋
春分の日の22日
新橋での分奏、定員が80名のところ、ほぼ一杯(74名だったそうな)

初めて練習に参加した時は、まるで見知らぬ世界に足を踏み込んでしまったかのような
不安と期待が入り混じった気分だったけれど
今は、鬼が島に向かう桃太郎のような気分。
ぁ,「鬼が島」って岡山だから広島、跳び越してしまうじゃん!!
・・と、それはおいておいて
行く先々での出会いが私を支えてくれて不安を拭い去ってくれて
いまや、楽しくって仕方ないわ~

練習を重ねることで出来なかったことが、ほんの少しだけど だんだん出来てくるのも楽しい
だけど、自分のいるこの場所が自分1人でなくなってきてる
それを感じるのがとても嬉しい。


ワクワク気分で始まった今回の分奏は
激震からスタート

今回の指導は、元都響の主席チェリストの佐久間豊春氏
練習の進行も 全曲通すのではなくて抜粋で。

一番初めに『広島メドレー』

いきなり間違った弾き方をしていたことが判明
それも、みんなの前で~~
でも、いいんだ!!
ずっと間違ったままでいずに済んだのだから

実に細やかに、
リタルダンドの位置もしっかりと読み解くように、とか
「はい、そこ10から12まで」ってパート指定されちゃって
弾けないのがもうバレバレ
きっと、上のパートの人たち、こんなんじゃ乗っかれないよ・・・って思っただろうな。

がんばりまっす

『広島~』でとにかくカッコ良く弾きたい『フニクリフニクラ』
相変わらず「破れかぶれの鬼のパンツ」だけど少~しづつ音が取れるようになっていた。。。けどさ
『そこ、ビブラートかかんないかな~?』といきなり言われても・・
デモでも、確かに、『ドファ~~~~~ッファミッミドッドレッレラッラ~~~~」って鳴るとカッチョいい
『真似でもいいからさ』とのお言葉
『ええ、かけますともこのワタクシが

前半の1時間半をしっかりと費やしたあとは『フラトレス』

人口フラジオの弾き方を確認しつつ・・・
時に指使いについてのコツを交えながら
私たち11パート以下のメンバーは『フムフム、なるほどね~~^^』と聴いていたはず。
しかし、弓の木の部分で弦を叩くだとか、変わった曲だよなこの曲。
collegnoで大事なのは弓をコントロールできる事のよう。
llegnoとは『木』の意味だそうな。

フラトレスの演奏を聴いている間に
広島メドレーの間、どうもシールばかりを見ていた自分が気に食わなくて
実は、印のシールはがしちゃいました
確かに、音はとりやすいんだけど
「頼ってる自分がヤダナって。」ってなこと、
「ちゃんと弾けてから言え」ってセリフだけど
はがした後、なんだかすっきり。

だけど、早まった行動だと気付くに時間はかからなかったのだ~~~~

次の曲ハ、『チェロのためのレクイエムⅠ』(三枝成彰)
音が~~どこ押さえていいのか分からないし、
先生には『4番ひどすぎる』って言われるし・・・・
半音位違ってるよ~~
いたるところでヘマばっかりして、失笑買ってしまったけれど

でも、どんな音を求められるのか ほんのほんの少しだけど分かってきた様な気がして
それに近づこうとするんだけど、それを大きく阻むのがとんでもない音程だったりするのだけど
それを修正すれば少しは壁が低くなるって事!?

押し寄せては引く、波のような音のうねりを
表現出来るようになったらいいな~~


三枝さんの新曲の『レクイエムⅡ』
この曲に限らずとても気になるのが、フレーズの頭がそろわないこと
音が遅れて聞こえるのかな?
他のパートの音を聴いてから弾こうとしてしまうのか
どんどん ずれていってしまってる感じがしてたまらない。
拍の感じ方が人によって違うのかな~?

微妙に入りが遅かったり、早く飛び込んでしまったり。
それじゃ、1000人近い人数が集まったら、もう収拾つかなくなってしまわないかしら・・
どうすれば合う様になるのかな~?
基本は指揮にあわせる、だけど。


最後は『パッサカリア』
『4番は、今までのアレwwを取り戻さなくてはいけないよww』
バリバリとメリハリ良く弾くところは弾いて、
だけど、もっと躍動的に、と言うか
表現の幅が必要だな。

最後、ウワ~~ン!!と伸ばすところ、
指揮がよく分からなくて弾ききれなかったのが心残りだったけど
スカッと終了

時計を見ると、予定終了時間ぴったり。


かなりハードだったけど
何より、恥ずかしい思いも沢山したけど
まだ練習、今間違いが分かってよかったし
これじゃダメだってことも良く分かった
上のパートの人たちが、『こんな低音にはのれないよ、』って思われないような
安定した音が出せるようになりたいって痛感。

初めて声かけてくださった仲間も加わっての昼ご飯も美味しかった~

でも、帰りの電車では、もう眠くて眠くて
東京から乗って座れたのをいいことに、爆睡寸前
しかし今日はチェロを抱えてる身ゆえ
カクッとなったら、手綱・・・ぢゃなくて、肩紐をぐっと握りなおし。
無事に駅に到着。

午後は娘の音楽会で
夕飯を終えたら もう眠くて眠くて
9時に寝たのなんて久しぶり。
なんと、一度は起きたけど、7時まで寝てたよ、私。














 
Posted by chikka‐j
comment:7   trackback:0
[1000cello]  thema:チェロ - genre:音楽
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。