スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by chikka‐j
 
[スポンサー広告
しまった~
昨日は娘二人の運動会のはしご&お月見音楽会で朝から夜までてんやわんや
すっかり忘れてた~

藤原真理さんのチェロリサイタルのチケット申し込み・・・・
朝10時からだったけど
きっともう売り切れてるだろうな~~

一応、チャレンジしてみるか
スポンサーサイト
Posted by chikka‐j
comment:2   trackback:0
[concert]  thema:チェロ - genre:音楽
レッスン48回目 今日のテーマは「すべる」 8月31日
ドッツァーNo.8

高い弦を弾く時の腕の形を注意された

腕をすっと伸ばしたところに、弓が来る。
ねじったり突っ張ったりしないで、自然に伸ばす。

移弦のないスラーの部分で音に凸凹がある

まるで拍子をとっているような感じ。
左手の動きに右手がつられているのではないか?

弦を押さえる勢いと右手は連動してはいけない
左手の動きに関係なく、右手は滑らかに。
特に、弓先でその傾向があるので注意。
もっと右手は『自由』に『なめらかに』
『相当、気を使わないといけないです』

びみょ~に、判った様な判らない様な・・^^;
困っていると先生、突然私の楽器でフレーズを弾き出した。
すると、あ~ラ不思議、なめらかに鳴る音がそこに
『もっと鳴りますね♪』

そう、最近特に気になってるのが弾く時の『ザーザー』言う雑音。
先生が弾くと、それがほとんど気にならない(聞こえないわけではないけど)
やっぱり弓の当て方が正しくないんだろうな・・・
音はつぶれがちだし、
弓の圧の掛け方もよく判ってない

最後のD線のGからの上への1オクターブ。
コレも弓のすべる音が入るから、しっかりとした音が出てくれない。

フレーズの中で移弦が一ヶ所だけ入るところの弓の角度がダメ
飛馬のような、矯正バンドがほしい・・・

弓を返した時、その勢いで弓が縦方向にすべっている
ずるずるっと弓が上がったり下がったり。
コレがザーザー言う原因のひとつみたい。

2小節(8分音符x16個)続くスラーバージョン
こっちはもうツッコミどころ満載過ぎるのか、
『よく弾けていますよ~♪』と言われ頭の中は『????』
ただ、『移弦の時、指の動きを使ってできると楽にできるから、そこのところ気をつけて』、と言われた。

どうも、カクカクする動きがなかなか修正できないのだ


NO.4

C線で弾く音
F♯ 勢いで弾かない、音を途中で抜いてしまわない
弓の毛は当たっている時間をタップリとる

アクセントのつく頭の音と、それに続くスラー。その差がもう少し出るように。
でも、スタッカートはブツブツと切る必要はないけれど、
今は繋がりすぎているので、次の音の純bが出来るまで音を出さないように気をつける。

スタッカートが連続する部分、弓の接点があちこちに滑ってしまっている。
だから、すべる音が入ってしまうので
同じ場所で弾くように。
でも・・・力が入りすぎるからか、スベっちゃうんだよね~

一つ一つ、ゆっくりと確認しながらの練習。
それに尽きるみたい。


気になっているザーザー音、きっと弓のスベリが原因だ

NO.2も同様・・・・。


(下書きからかなり時間がたっているので、箇条書きで)








Posted by chikka‐j
comment:0   trackback:0
[lesson
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。