fc2ブログ
ばね指??
レッスン日記もおろそかな、今日この頃(って言わなくてもご承知!?)・・・。



どうやら、ばね指みたい

金曜日、ソファーで少し昼寝してして、
目が覚めたらりゃ左手の小指が固まってる・・・
変な格好で下敷きになってたのかな~?
が!
戻そうとしたらコキッとなって直った(見たい) 

この動きと感触に覚えが・・。

次女が先天的なばね指で時々コキっとやってるアレ

チェロを弾く時、どうも小指に力ばはいらず、
まむし指の形のまま無理してたのかな~
極力治そうとはしてたけど・・・。
オマケに、ココのところ、以前ほ練習の時間も取れないくらいだったのに~

取りあえずはシップをして
月曜には病院だ・・・・(せっかくの休みなのに、遊びに行けんじゃないか!)
スポンサーサイト



Posted by chikka‐j
comment:0   trackback:0
[未分類
飛んで、レッスン45回目 7月16日
またまた飛びます~

ココのところ、毎週レッスン
嬉しいんだけれど、
正直、十分な練習時間が取れなくて 進歩ないままに時間が過ぎていく感じ
家での反省に、と表録音しても、それすらじっくり聞ける時間も取れない
学生時代も『chikkaは時間の使い方が下手やね』
と、クラスで一番生真面目な友達に言われて以来トラウマ(?)

お勤めしながら習い事をされている人(特に、子どものいる主婦の皆さん)って、
一体、どんな風に練習時間を確保しているのでしょう???


もうレッスンも45回目
50回までもうすぐだ~~

今日のレッスンは、先生の所属するオケの 海外公演のお土産選びから

ベトナムでの公演を終えて、今朝帰国したばかりなのだそう。
刺繍の入ったオーガンジーのかわいい巾着と、おはしのセットを頂きました~
先生、ありがとうございます

それから、1先週気が付いた 左手小指の『ばね指』ことを少し


<ドッツァー8番>

先週から新しく加わった課題が「ドッツァーの8番」
スラーを短くしての練習(もともとは4拍子で、8文音符が8つのところ全てにかかっているのを 2拍づつに)

いや~~早速、ト長調なのにFのシャープを忘れて弾いちゃった・・・。
弾き始めてまもなく出てくる4ポジへの移動。
どうにか飛べても、今度は戻ってこられない
4ポジの手の形より、1ポジの方が広いわけで
意識しすぎるのかな~? 音をかなり低くとってしまう

この曲での一番のポイントは
近づきがちな 2と3の指の間隔を広げて 3の指を高めに(といっても音程は正確なところへ、という意味)。
逆に、1が低くなる癖があるようなので、高めに取れるようにする。

で、早速注意されたのが、『親指の位置』
分かっているんです・・・。
ちゃんと中指の後ろにまあるく収まっていると楽だってこと・・・、
でも、気が付くと それとは裏腹に 上に伸びて高い位置でガチガチになってしまっていることも・・・。

でも、小指のためにも、親指を丸くネックに当てるようにすることは以前より気にしているから、
いくらかはマシか・・・な?

4ポジで弾く部分、『なかなかいい感じ』とは言ってもらえたけれど
実際は『ヒ~ヒ~』言ってるようにしか聞こえない・・・・
弦の押さえ方が足りないんだろうな~
力づくじゃいけないわけだから、きっと角度とかがよくないんだ・・・・
ってことは、構え方も・・・・・


ポジションチェンジの時の左手の動き
『パッ』と動かさない。
落ち着いて、グリッサンドが入らない程度に 指を弦から離さずにスライドさせる。
そのときの右手は、同じ速度をキープする。

戻ってきた時の、特に1の音程が低すぎる

曲の最後の1オクターブ下がるところは、慌てず丁寧に。


<ドッツアー1番>

多少はダイナミクスも付けながら弾ける様になって来たかな?
でも

2小節(たって、全音符だけ)を弾いたところでところでストップ
音が変わったところの弓がぶれた、と。
いや~~、ぜんぜん気が付きましぇんでした~

ただ、出だしのC は良かったって

一通り、いつもより少し早めに弾いてしまったけれど、それについてはチェックなし。
最後の部分で隙間が開くので、滑らかに繋がるように、といわれる。


「手首はだいぶ動かせるようになってきているみたいなので(創でしたか!?)
後は、指が『ガシ~ットつかんだら、もう絶対に動かさないぞっ』ってかんじなので、もっと柔らかく動かせるように」、と言われる。

そうすれば、見た目でも『ロボット歩きみたいな ギクシャク感がなくなるよ』らしいです。

イメージでは、機関車の車輪を動かす主軸の動き・・・かな?
その動きと弦それぞれの角度の微調整をするのが、指の動き・・・・

ゥ~~ン、分かったような分からないような

<ドッツァー2の後半>

Gis→H→A→Cと進むところ
拡張でとるのは難しいから 1を移動させてスライドさせて弾いてよい。
最後の部分は疲れてくるけれどC線しっかり重みを載せて響かせる。
『ガリガリっ』っという音がでるような場合は、少し力を抜く。
常に圧力掛けっぱなしでなくてもよい。

でも・・・、重みを載せるけれど、圧力かけるなって
力で弾くのではないってことなんだろうけれど
むずかっしいであります


次回は2週間後(やった~少し時間が出来た~)
宿題は今日と同じ
Posted by chikka‐j
comment:5   trackback:0
[lesson]  thema:チェロ - genre:音楽
| HOME |