スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by chikka‐j
 
[スポンサー広告
清水の舞台
から飛び降りたつもりで
新しい弦を買ってみました。

今使ってるのは 全部スピロコア。
楽器を買ったときからのもので(といっても、購入してからまだ半年・・・エッ!?もう半年!?マイッタ
きっと ゴンちゃんとの相性がよくて ついているものだと思って(思いたい)ます。
でも、きっと「違うものに変えたい」、と思う時も近いはずで(飽きっぽいから、なんだけど
そうなった時に すぐに変えられたらいいだろうな~、って。

ちょうど弦がこの9月1日から
あら、今日だ!!
それも、2割りも!?値上がるするらしい。

通ってる教室の楽器店での弦楽器フェアが
6日から始まる、というお知らせがつい先日届いたものの
そのちらしにあった「お試ししてから購入できます」はバイオリンだけらしい。
思わず、よく読まないで申し込みしそうになったよ

この夏、お休みしていたレッスンも この木曜から再開するものの
先生と直接相談することも出来ないしな~

で、結局ネットのお店で注文。
頼んだのは・・・

  Larsen D
  Larsen A
  Jargar A
  Jargar D
  Spirocore G
  Spirocore C

の計6本

ヘヘっ、ヤーガーとラーセン、両方買っちゃったのは、冒険だったかな・・。
スポンサーサイト
Posted by chikka‐j
comment:2   trackback:0
[cello
力みすぎっ
先週の土曜日のこと。
夕方、練習をしていたら珍しく主人が近づいてきて
手に持っていた「バナナ」を一口分ちぎって私に。
・・・までは良かったんだけど、

口が開かない
いや、顎が硬直してる!?

うすうすはっきり自覚はしていたんだ。
でも、出来るだけ力抜くように
そう、力が抜けるように 時には、口わざわざ開けて練習してたのに・・・。
それはそれで、間抜けだけど、力入りすぎよりはいいかな、って思ってたのに
実は、すんごく歯~食いしばって弾いてました

右手も、腕はだいぶ力抜いてるつもりでも だんだん肩が上がってくるし
左も、相変わらず小指の「まむし」は直せないしな~。
小指の力が付いてきたら治る、と言う先生のことがを信じたいところだけど
隣の現に触れてしまうから、移弦の時に音が出ないのだ

でも、ちょっと自分なりにいいんじゃないかな?って思って試してみてるのが
親指をネックから浮かして 1~4の指の力だけで弦を抑えてみるようにすること。
まだ、意識してる時しか出来ないけど
ついついネックを握り締めてしまってる状態より 小指が楽、かも。
あと、親指の位置、かな。

Posted by chikka‐j
comment:3   trackback:0
[daily exercise
2ヶ月ぶりのレッスン・・・レッスン12回目
夏休みを挟んでの2ヶ月の休みが明けて
久しぶりのレッスン。
旅行から帰ってきて、ちょうど3週間。

さすがにはじめの一週間は時間が取れなかったり、体調が優れなかったり、
その後も子どもたちの宿題に追われて(なして、私が!?)思うように練習できなかったけれど
だんだん弓を持つ手が痛くなくなったり
久しぶりに弾いた時は、あまりの発声の悪さにショックを受けたりしたけれど
少しは慣れたかな!?という状態でのレッスンでした。

前半は旅行の報告。
お土産も「行った気分になりますね♪」といって喜んでもらえて、よかった~

30分くらい話して、ようやくレッスン開始。
手始めに、Cのスケールから。
いや~参りました。
音程が悪いのなんの。
音階ががって行く時はまだよいものの
戻ってくる時に1と2の指の間隔が開きすぎて、音程が下がってしまう。
常に指は均等に広げて 変えないよう注意されてしまった。

そっか~、家で弾いていても、音程が狂う時はその辺に注意するといいのかも!
力みすぎると手が広がっちゃうんだな。多分

でも、弾く弦によって違う感じがするから、要注意だ。

それから、
左手の手首の角度。
特にC線を弾く時に酷いんだけど
手首がくの字に曲がりすぎてしまっていた。

いや~、直すの結構辛いかも。
手の甲~手首~上腕はいつも一直線になるように(確認するのぬ、弓をあてがってみるといい)
その状態で、必ずすべての指が弦の上にあるように。
小指が届いてきれいに押さえられるかが基本なので、
まず小指をあてがって 親指の位置が決まってほかの指が弦の上。
あひゃ=
脇をあけ過ぎても、締め過ぎてもダメ。
鏡を見て指の向き、角度とかを調節してよい場所を覚えるように。
きれいな格好になっていると音もきれい。
無理な形で引いていると、余計なところに力が入って、故障の原因になってしまう。

がんばりますっ

でも、この一週間『まむし撃退週間』だったので、ほかのこと出来なかったです
っていたら「なんですか?それ!?」って笑われた。
自分なりに試行錯誤しているところなので、この事はまた改めて相談してみよう。

ウェルナーp22の移弦の練習のところ。
今回は弓先での移弦はきれいに出来ているけれど
弓元での発音が悪い。
なんとなく終わって、なんとなく始まるような発声では、
これから先の演奏で全然違ってきますよ。とのこと

うわっそれは困るよ~
気をつけますっ

でも、右手に注意が向くと、
左手の音程がこれまた想像を絶するほど悪くなる。
とにかく、1の指がどんどん広がって音程が下がる、と言うわけ。

左手の手首の角度に注意して、手の甲がうでと一直線になるように
指の間隔を均等に、弦の
上に自然に並ぶようにする。
弓の返しは丁寧に。

だな。

次週はお休み。
その次は代わりの先生なので
どんな風にレッスン進めてもらえばいいか確認してレッスン終了。

途中、弦の話題をふってみた。
けど、さすがに6本買ったと言ったら
「ひえ~っ」とびっくりとも、呆れてるともとれる反応でした。

弦を変えると驚くほど変わる、との事なので
その日が楽しみ
でも、先生今はスピロコア&ヘリコアらしいけれど
全部同じ弦で統一する方がいいとも聞くので
スピロコアに変えようって思っているらしい。
何がいいのか試して見るには リスキーだよな、
チェロは…
Posted by chikka‐j
comment:0   trackback:0
[lesson
レッスン13回目
今日のレッスンは代打の先生。
私の先生、時々演奏会の都合とかでお休みされるので、
その代わりの先生に教えてもらいます。
違う先生に教えてもらうのって、
新鮮だけど 何を教えてもらうのかちょっと心配な感じも。

いつもの先生にも聞いてみたけれど、セカンドオピニオンが欲しいと思ってた事とか聞くチャンス
なはずなのに、何を聞いていいのか良くわからない。
とりえず、小指のことかな?
それと、音の立ち上がりの発音が悪いと言うこと。

この先生には始めて間もない頃に一度レッスンを受けたことあるのだけど
しばらくお休みしてたから 上達どころか、下手になってる・・・とついつい言い訳。
「そんなこと、自分でおっしゃらなくていいですよ。それは、聞いた者が判断しますから。」
そうだね、下手だからレッスンに来てるんだから。

さて、音の立ち上がりが
「まるで、ツクツクボウシが鳴き始める時みたいな『ン゛ビ~』って感じで ハッキリしないんですよね」
って言ったら笑われちゃった
開放弦では弾けていると言うことなので、スケールを聞いてもらう。
「きっと、押さえる力が弱いので、発音が悪くなってるのでしょう。
特にC線。
一番強く張ってある弦だから、しっかり押さえないと。

ウェルナーのp.22のおさらい。

「A線を弾く時に手のひらが外を向いている。
G線の様な抱えこむ形のときはいいけれど、
外を向いた分、無駄な動きが必要になってくるから
そのままの形でA線を弾くように。
なるべく、小指ヲ使う時でも弦の傍にあるほうが良いよ。」
「手のフリが大きいのは、強く押さえようとしての結果なのだろうけど
振る癖が付いてるから 近くで押さえようとすると力が足りなくなってくる。
もっと身体全体の力を使って。」
「引き寄せる感じでいいんですか?」
「『引き寄せる』!ナイスですね~その言葉www」

移弦の練習・・・。
一通り弾いたところで
「車、運転しますか?」
「ハイ♪」
「マニュアルですか?」
「オートマです♪」
「・・・。」

ギアチェンジに喩えて話がしたかったらしいです。

ギアが外れてから次にかみ合ってから、アクセル踏まないとダメ。
アクセル踏みながらクラッチ踏んだりしてもダメ。
移弦も、弦を変える動作と弓を横に動かす動作を同時にしちゃいけない。
重さが乗る前に弓を動かしてもちゃんとした音が出ない。
きちんと弓をとめて、弦に重みをきちんと乗せてから。
上手くなれば、その動きのインターバルが短くなるだけ。

実際は間が開いたとしても、音が残ってる。
その間に隣の弦に移る準備をしたらいいから、そんなに心配しなくていい。」
まずは、きっちり動きを身体で覚えなくちゃいけない、ってコトだな。

スラーの付いた移弦
うは~、ダメダメだ。
いくらスラーったって 音があやふや。
弾いていて気持ち悪いんだけど・・・。
でも、音でなくて、「移弦」について検討。
「それぞれの音を出すための2本の直線(の運動)をいかに曲線で繋いでいくか、
ひとつの音を出すときの弓の角度の範囲(隣のそれぞれの弦にぎりぎり触れないだけの角度の違い)
で一番短い移動距離で弾く、
もしくは一番長い移動距離で弾くかの違いを覚えれば 
移弦はそれほど怖くない。」
と、先生はおっしゃいますが・・・。

残りの時間はp.26~28
一通り弾けているので
もっと抑揚をつけて、と。
音価にそって強弱をつけるとか、繰り返しのフレーズでも弾き方を変えるとか。
ウ~ン、やってるつもりだったんですけど・・・。
ど~も自分の「気持ちの上で」だけだったようです。
でも、確かに、意識の仕方かでずいぶんこんな単純なフレーズでも
「曲」になるから不思議なものです。

それにしても、音程が・・・。

しかし!

リズムの変化に伴って、意識が左手に向くようになってしまうけれど
「とにかく、右手は常に決まった動きを続けるように。
右手が落ち着くと、左手も安定してくるから。」

一通り弾いたところで時間切れ(というか、3分オーバー)
教室から出ると次の方が一言。
「楽しそうに弾いてますね。私なんて、苦しんでますよ~」

あらら、苦しいなんてもったいない。
熟年の習い事、楽しんでなんぼのもん。
ですよね。












Posted by chikka‐j
comment:0   trackback:0
[lesson
残念・・・。
昨日の秋分の日。
特にすることもなくて
午前中 なんとなくだらだらと過ごしてしまった我が家。
これじゃあ、一日なんだかもったいない、どこか行こう!
と、思ったものの、もうこの時間じゃ遠出も出来ないし
かといって買い物も特に無いし・・・。

で、最近当たらしなったと言う隣のF市の図書館に行って来ました。
噂じゃあ、結構な数のクラッシックのCDもあるそうな。
あんまり気乗りのなさそうな長男も(ついこの間行ってきたばかりなので)
「帰りに ミスドでドーナツ食べよう!」
と、食い気で誘い 行ってみたら
あら、かなり素敵。

取り敢えずぶらっと向かった先に「音楽」のコーナーがあったので
チェロの本ないかな~?見てみたら

『新しいチェロ奏法―身体に優しいチェロ演奏のために』
『これ1冊ですべて分かる 弦楽器のしくみとメンテナンス―マイスターのQ&A 佐々木 朗 』
発見

こりゃ、借りてゆっくり読もう!登録、登録

そしたところが・・・
「F市在住か、F市でお勤め あるいは学生さんで無いと、登録できません。」
だって

仕方なく空いてる席見つけて
時間も無いから、斜め読みしたけど
なんだかな~

次女が帰りに一言
「次はF市にお引越ししようか~




Posted by chikka‐j
comment:0   trackback:0
[日々
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。