fc2ブログ
風邪っぴきと花粉と それからチェロと レッスン 1回目
昨日からずっと雨。
重度の花粉症の私は、
この時期、悲しいかな雨が降ってくれたほうが体調がいい。

なのに!
ぜんぜん、調子は変わらず。
いよいよ、ヒノキの到来で、重症度UPか!?
夜中に鼻が詰まって窒息しそうになって目が覚めたり、くしゃみ(自分の)で飛び起きたり
困ったな~~。

でも、あまりに酷いので、これはひょっとして、風邪!?
今日は、初チェロレッスン日なのに!!
娘の卒業祝いを買いに、電気屋さんに行くことにもなっていて、
どさくさにまぎれて、ICレコーダーも買ってもらおうと思ってたのに!

何にもなければ、風邪くらいなら寝て(いっつも寝てるけど・・)治したっていいかな~、なんて思うのだけど、
今日は早速薬を飲みました。
すると、結構効くもんだね♪
ちょっとボーっとする頭で、レコーダーお買い上げ
慌てて充電して
なんと、レッスンに間に合わせました~~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて、レッスン。
予定よりかなり早い時間についてしまったものの、
教室に向かうと、先生いらっしゃるではありませんか^^
厚かましくもノック、しちゃいました。
「あとで来ます~」と言ったものの、「いいですよ。」、と行っていただいたのを良いことに
レッスン開始していただきました♪

まず、どんな楽器を買われたのですか?
と、調弦を兼ねてのチェック。
あれよあれよという間に、軽ーく曲のサビの部分を交えて 調弦終わり。
じゃあはじめましょう。

「まず、ボーイングから」
ぇ?ポジションとか、弓の持ち方とかは、ひょっとしてこの前の体験レッスンで習得済みと言う事!?
いや、これは聞いておかねば!

よ4拍づつのボーイングをしながら弓の位置を確認。
真っ直ぐにしているつもりでも、少し上がり気味になってる・・・。
音は割と均一、とほめられ、いい気になった私に

「次は15秒間ぐらいPでゆっくり弓を動かす練習します。」
やったはいいけれど、「ヨヨ~~ヨヨ~ヨヨ・・・・・。」弓ビブラートかかりまくり。
この練習は、今後応用が効くので、練習つんだ方がよいとの事。
がんばりま~す♪

拍を変えたり、弓をしっかり止める練習したり、強弱を付けてみたり。

A線は腕を遠くまでやらないといけないので、きついです・・・。
弾き始めは「ガガガ・・・・」
止めようとすると、「ゲゲッ。」
難しいです~~。弓、ケチっちゃったからかなあ・・・

そこそこできる(?)様になったところで

「では、移弦も加えてみましょうか。」
は、さらにですか!?

「腕の動きをイメージしながらやって見ましょう。」

「うみょみょ~~うげうう~、うご~~ずず~~」
「段差があるようなので、その辺りを注意して」
「ウウウ~~うげ~~、ずげ~~ずずず~~」
それでも、何度か繰り返すうちに、まぐれで滑らかに弾ける時があったところでストップ。
この一週間は開放弦でのボーイングをパターン変えていろいろと、移弦の練習が宿題。

そのほか、楽器が早く鳴るようにするために
駒の近くをffで汚い音でいいからしっかり出すこと(誰もいないときに)
それから、自分が出したい音のイメージ作りの為に,いろんな人の演奏を聞いたりする事
今は調子よく上手になっていくけれど、ブランクが来るから、それでも根気良く練習を続けていくこと。
手入れの話をして終了。

弓の持ち方は、どうやら私の先生はあまりこだわりを持ってないようでした。
基本は、肩や腕に無駄な力が入らない様にすること。
でも、練習中にズンズン前の方に進んでしまう傾向があるみたいで
気がついたら脱力して持ち替えるよう、注意されました。
変な癖がつかないように修正しますから、大丈夫ですよ♪、という事なので
その都度、確認して行きましょう♪

ただ、練習していて親指が弓に触れる部分が痛くなってきたら、チューブでクッションにしますから言ってください、との事。
と、言う事は
「それくらい練習しろ!ってことですか?」
先生、にっこり笑って
「練習しないと、上手になりませんからね♪」

ハイ、その通りでございます・・・・。




今回の練習に どうにか間に合わせたレコーダー。
録音レベルもおかしかったし、ぼやけた音でしか取れてなかったけれど大活躍でした。
練習のお供に、これからも活躍してもらわねば!!



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

風邪のほうは、どうやら鼻風邪程度で済んだようで、
2日程で回復(でも、花粉症は健在)。

季節の変わり目。体調管理、大切ですね。
スポンサーサイト



Posted by chikka‐j
comment:2   trackback:0
[lesson
宿題
ああ、明日は2度目のレッスン。

弓の角度に注意して、
音に強弱が付かないように、
長さのパターンを変えて(4拍、2拍、とか)
音の立ち上がりをきれいに、
どうしたらいい音が出るか良く考えながら、
UP,DOWN両方、早く弓を動かして音をピシッと止める、
15秒(16拍でやってみた)Pで。

盛りだくさんの宿題。
一週間があっという間。

昨日は 長女の卒業式だったこともあって
練習してる暇はなし。
なので、今日は子供たちが暇でたまらん!って顔をしていても、お構いなし。
メトロノームのねじを 目一杯まわして練習しました~~

だんだんと弓を持つ手(特に親指)が痛くなってきて、
そうだ、ここではどんな風に書いてあったっけ?
と、見てみたのが ここ http://gauche-sons.co.jp/CELLO.html
親指、と言うより、私の場合薬指の位置を
ここに書かれてるように くぼみのところに触れるように置いてみたら
あら不思議。
かなり楽になりました。

でも・・・。
今度は、小指が痛い・・・。
このままじゃ、変なところに たこが出来そうな予感。
試行錯誤だな。
先生に聞いてみよう。

結局、2時間近く弾いていたみたいで
子供たちに よくやるな~~、とあきれられたけれど
あんたたちも、よく耐えたなあ・・。
感心するよ。
Posted by chikka‐j
comment:2   trackback:0
[daily exercise
レッスン 2回目
今日は2度目のレッスン。
昨日、張り切って2時間近く練習(半分は遊んでたかも)したせいか
腕がだるい・・・。

時間通りに 先生到着。
それから慌てて、楽器を出して、レコーダーをセットして、
ぁ、弓を出して・・・。
すでに、軽く5分は過ぎていそう。

その後、わたわた おろおろと準備をしてようやくチューニング。
次回からは、私が一番はじめの生徒だと言う事で、
早めに教室に入って 準備をしていてもいいとのこと。
よかった~、これで時間の節約が出来そう。

「では、今日はチューニングも出来る曲をしましょう。」と言う事で
「森の朝」と言う曲を頂いた。

いきなり 初見でGO!
休みがあるので、そこではボーイングの弓をきっちり止めなくてはならないし、
緊張しているせいか、家で弾いているように弾けない。
ピアノの伴奏に合わさなくては、と思うと、かえって焦って合わなくなる始末^^;
それでも、前半は
「弓の角度もよくなっていますね」と、お褒めいただき、単純に喜ぶ私。
でも、弓の接点がずれることがあるので注意すように言われて いざ後半。
後半は、出ました!!移弦&重音。
DOWNでは、どうにかなるのだけれど、
UPではどうも音が途切れがちに。
とくにA⇔Dはむずかし~~!
先生が手を取って教えてくださるのだけれど、私の腕は 素直に言う事を聞いてくれない。

でも、何度か繰り返すうちに、気がついたことがひとつ。
弓の角度を変えようとするときに、どうやら腕を振りすぎるような気がする。
すると、早く角度は変わるような気がするのだけれど、
弾みがついて次の音へのアタックが強くなるみたい。
先生からは、「とにかく丁寧に。次の弦に移る準備をしながら弓を進ませて、一瞬音が重なるくらい音をつなげるように。」と言われる。

どうも、力が入って脇がしまってしまうの良くないのかも。
それがはっきりするのが、4分音符が並んでいるところ。
肘が、これでもか~~ってくらいパタパタwwしてるのが自分で分かったもの。
パタパタ、って言うより、ジタバタの方がピッタリかも・・・。

重音は「弓をぶつけないで」と言われてしまった。
「ぶつける!?」
どうやら、じゃ=ん!!って言う弾き方ではいけないらしい。
「移弦の時、音が重なるその瞬間のように 弾き始めに注意して。」と言われる。

高い弦への移動を、ダウンボーで弾く場合
弓先に行くにつれての力の加減がよく分からない。
手首の角度もどうなればよいのか分からなかった。
どうも、反り過ぎているようなのだけれど、これについてはまた時期が来たら教えてくれるそう。

単純な(超が付くほど)曲ではあるけれど、今やるべき基本がしっかり織り込まれているので
次のレッスンまで、十分な課題だ。

あとは、Cのスケール
細かなポジションの話は今日のところはなかったけれど
指がパタパタしないこと、
3の指を押さえるときは、2の指も弦に触れること、
C弦を抑えるとき 力が入って脇が閉じてしまわないように。

ずっと注意されっぱなしの45分でした。
だけど、すごく楽しい!
まぐれで、いい音っぽく弾けたりすると、なお嬉しい^^
次は2週間後。
しっかりと宿題の練習をしなくちゃ~


帰りに、これからの教則本として「ドッツァウアー」を使うらしい。
てっきり、ウェルナーかと思っていたのではじめて聞く名前にびっくり。
ネットで調べてみたら、どうやら評判がよいらしく、楽しみ。


Posted by chikka‐j
comment:0   trackback:0
[lesson
突然のドクターストップ
先々週、久々に辛い風邪をひいて、その後 良くなったと思った矢先、今度は 先週のレッスンを前に 実は右耳が詰まって軽い耳鳴りが・・。

ちょうど掛かりつけの病院が休みだったので、
家でゆっくり休んで 一晩明けたら何とかなるだろう。
しかし、弱り目に祟り目。
夜中に胃がきりきりと痛み始め・・・、どうやら胃痙攣のよう。
痛みが治まって、次の日、
今度は睡眠不足(それとも、耳のせい?)のためか軽くめまい。
外に出るのが億劫だったので、寝て過ごしたら、
耳の調子も、めまいも夕方には良くなって ほっ。

週末は、花見に行ったり、ホームセンターにお出かけしたり
と、調子良かったのに、
また、今朝になって耳が変・・・

前置きがかなり長くなってしまったけれど、
ここで ようやく病院に行った私

聴力検査をして、、鼓膜の検査をした後、
神妙な顔をした先生が言うには、

「低音に行くにつれ、両耳とも聴力が落ちています。」
「内耳の問題ですね。大きな音は聞かないようにして、安静にしていてください。」
「1ヶ月が勝負で、これで治らないと ずっとこのままと言う事もあります。」

「え!?楽器の練習とか・・・」

「やめて置いてください」

「わかりました・・・」


しばらく練習が出来ない・・・。
そんなことって
でも、ここでしっかり治さないと、一生耳詰まりの生活はイヤだ~~
聞こえなくなるなんて、もっとイヤだ!!



ぁ、先生にもお知らせしなくちゃ・・・
Posted by chikka‐j
comment:0   trackback:0
[daily exercise
| HOME |