fc2ブログ
さあ、始まり
2月に本番を迎える 長女の中学受験。
1月も末とあれば
本人もさることながら、私も精神的にいっぱいいっぱい。

そんなある日、とあるきっかけで知り合った人と話をする中で
「家族のことなどで、今は自分のことに気が回っていないのでは?
落ち着いたら、今度は自分に目を向けて。」
と言われ、
ハッ、と我に返った瞬間 思いついたのが『チェロ』

いつかは習おう、弾けるようになりたい・・・。
そう思い続けていながら、実行には移してなかったな。
今が、その時なのかも知れない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

長女の中学入試も、2日の合格をもって終了
5年生に上がる前の春休みからだから、
2年足らず。
その前の長男から換算すると3年ちょっと。

世間一般からすると、短い方なのかもしれないけれど、
まあ、自分では受験生の母をよく努めたな、と自画自賛(何に?お弁当作り?)

次女がもしも受験したい、と言い出したところで、あと数年はあるから
その間に 今度は自分に目を向けたいと決意。
パートに出るのも良し。
でも、家の事情で 出来る状態になるのは秋以降。

ならば!!

と、長年憧れていた「チェロ」を習いにいこう!と思ったが吉日。
ちょうど、コミュニティー誌に「大人のチェロ教室、グループレッスン、体験無料」の広告が!!

これこそ、神のお導き(大げさ・・・)。
とばかりに、申し込んで行って来ました。
スポンサーサイト



Posted by chikka‐j
comment:0   trackback:0
[cello
体験レッスン その1
チェロを習いに行くぞ!
そう決めて、ある日ふとコミュニティー誌をみていたところ、
そこに「大人のチェロ教室 無料体験」
とあるではないですか!

もう、これは!!!
と思い、すぐさま申し込み。

二十数年ぶりに触れるチェロに、なんだかドキドキ。
弓が弦に触れて 音が鳴ったときに
体に響いてくる振動・・。

ああ、この響きよ!!


YAMAHAのプログラムで進みます。
3年後には、バッハの無伴奏が弾けるようになっているかも(遠い目・・・)

「でも、やっぱり、グループになると進度に違いが出てきて、つまらなくなるよ」
と、リーコーダーの恩師からのアドバイスどおり
なんだか不完全燃焼の予感。
結局、グループレッスンだった事と、通うには電車or車(駐車場代高し)と言う事もあって
その教室は断念。
お買い物には最高なんだけど・・・な。


ならば!
と、個人でされている先生の門戸をたたく勇気も無く、
最寄り駅に併設されている音楽教室の教室に決定。
曜日によって先生が決まっているので、
自分の都合に合わせると、先生を選ぶ余地が無いのが、難点だったけれど
会って見たら なんだかいい感じの先生。
(「やせっぽっちの先生だったらやめるつもりだった。」、って友人に話したら笑われた)

春からの予定が変わらない限り、
この先生に付くことになるのかな。
せっかちな私は、次の行動に移るのでした・・。



ところで、長女の受検ですが・・・、
ぞっこんだった第一志望校には、
残念ながら あっさり振られてしまったけれど、
結果は2勝1敗。
第2志望の学校に進むこととなりました。

そこでは、課外授業でバイオリンも習えるらしく
本当は、バイオリンが習いたいのに、
いやいやピアノを習わせられてきた、と思っている長女は
この機にバイオリンを始めるかもしれません。

いつか、子供たち3人と
バイオリン、チェロ&ピアノ(連弾?)で合奏が出来る日が来るかも。
そんな淡い期待をもてる幸せを 感じています。
Posted by chikka‐j
comment:0   trackback:0
[cello
出会い
それは、かれこれもう 四半世紀前・・・。
私が、うら若き女子高生だったときの話。

私が通う、県立の普通科高校。
芸術系の科目(美術、音楽、書道)は、選択科目でした。
とうの昔に ピアノは辞めてしまっていたけれど、
やっぱり音楽好きだったので、
迷わず選択は「音楽」。

なんと、そこでの授業では、
学期毎に順番は忘れてしまったけれど
「器楽」「声楽」「楽典&発表会」と、いう授業展開だったのでした。

声楽は「のばら」とか「荒城の月」とか・・・、覚えてない^^;。
「器楽」はリコーダーはどうだったかなぁ、多分あんまり無かったと思うのだけど、
その代わり、バイオリンやら、チェロやら、コントラバスまで有ったりして
それで、合奏!!

ハイ、モチロン「ほとんど誰も」、といっても過言で無いくらい
弦楽器なんて縁のないような田舎の高校。
「エレクトーン習ってるの。」なんて言おうものなら「お譲さん」

モチロン、私も例に漏れず、
見るのも触るのも初めて(ぁ、吹奏楽やってたから、コントラバスだけは知ってた)

やっぱり、弦楽器といったら、「バイオリンでしょう!」とばかりに始めてみたはいいけれど、

「なんだかちがう!!」

で、「どうせビオラに変えたところで、あんまり変わり映えしないだろ」
(大きさでしか考えてない^^;)
ならば、チェロ!!!

おっかなびっくり、
「ひえ~~っ! こんなにマタ開くんですか!?」
「なぬ~~~!!左手、指が開きませんって!!」
 
幸い、当時はスカート丈も長く(1人だけ、超ミニがいた)、
パンツを見られる、というお互いに悲劇は避けられたのですが
左手については・・・聞かないで下さい。

しかし、中低音楽器の定め、というか
鳴らす音はほとんどロングトーン
どうにかやり遂げ、2年生の頃には、
見よう見まね、というか100%自己流でに
「白鳥」のワンフレーズだけだけど、弾けるように。

もうとにかく、その時間は楽しくて、嬉しくて。
でも、チェロとの別れは着実に忍び寄り・・・。

「いつか・・・オトナになったら弾けるかな。弾きたいな・・・。」
そんなことを夢見る乙女へ 成長していったのでありました・・・・。




授業の最後の発表会では、
各自、自分の出来る楽器か歌で何かをする、と言う事になっていたのだけど
普段、どっちかというと、ダサくて、カッコワルイ系の男の子が
驚くほどすばらしいピアノを、それも、即興で弾いたのに いたく感動した私は

「男の子が出来たら、ぜったいピアノを習わせよう!!誰かがカッコいいって思ってくれるに違いない!!」と、心に決めたのでした。

かわいそうに、そんな不純な動機でピアノを習わせられた長男。
知ったら、怒るだろうなあ・・・。
Posted by chikka‐j
comment:0   trackback:0
[cello
嬉しい話
今日は娘の入学式でもあったのだけれど、
その前に、耳鼻科の再診。

実は、気のせいか、
昨日からまた耳が詰まってくるような気がしていたし、
今朝はなんとなく音がこもって聞こえてるような気もしたし
こりゃあ、結果良くなかったらどうなるんだろう・・・。
そんなことを思いながら この一週間の経過を伝えた後に聴力検査。

心配とは裏腹に、「まだボーダーラインとはいえ
聴力の回復が見られるので、薬を追加するだけで様子見ましょう。」とのこと。
ふ~~、よかった。
良くなっていなかったら、ステロイドを使うことも考えていたらしい。

大きな音をできすなら避けること、
耳の調子がおかしい、と思ったら休養を取ること(これ、得意♪)
再発したり、良くなったり悪くなったりを繰り返すこともあるから
おかしいと思ったらすぐ受診すること。

「耳鳴りや閉塞感は、耳からの警告だからね。」
と言われて 薬を貰って帰宅。

気のせいか、今朝まで感じてた詰まり感が軽くなってる!?


これで、しばらくオアズケだった、チェロの練習が再開できる~~♪♪
Posted by chikka‐j
comment:0   trackback:0
[cello
ゴンちゃんは雨男
今日は、四回目のレッスン。

天気予報は午後から雨。
そういえば、レッスン始まって、
まだ一回しかお天気に当たってないな~。

でも、何とかもちそうかな?

と思いきや、
レッスン始まった頃からポツポツ・・・

やっぱり、雨男だ(=_=)
Posted by chikka‐j
comment:0   trackback:0
[cello
不遇なゴンザレス
昨日、野球界の「ゴンザレス」のニュースを二つ見かけた。

ひとつは、「元巨人のゴンザレス投手、落雷を受け死亡」
もうひとつは、「<プロ野球>巨人・ゴンザレスが禁止薬物 解雇へ」
というもの。

家のゴンザレス君の身の上に、そんなこと、起こらないよね。
Posted by chikka‐j
comment:15   trackback:0
[cello
ゴンちゃんの帽子!?
前回のレッスンのこと、書かなくっちゃ、と思っていたけれど
次までなんと3週間もあくからと、気を抜いていると
ヤバイヤバイ・・・。


さて、昨日まで 初めての中間テストだった長女。
気分転換なのか、現時逃避なのか
家庭科の授業で習ってきた モチーフ編みをせっせと編んでいた。

いったい、何が出来上がるのかと思いきや、
娘曰く、これ、ゴンちゃんの帽子
いや~~、嬉しいんだけどね
この時期でなきゃ・・・。

出来上がったのがこれ。
DSC09339_convert_20080530215958.jpg
似合ってるかな~~?

Posted by chikka‐j
comment:5   trackback:0
[cello
清水の舞台
から飛び降りたつもりで
新しい弦を買ってみました。

今使ってるのは 全部スピロコア。
楽器を買ったときからのもので(といっても、購入してからまだ半年・・・エッ!?もう半年!?マイッタ
きっと ゴンちゃんとの相性がよくて ついているものだと思って(思いたい)ます。
でも、きっと「違うものに変えたい」、と思う時も近いはずで(飽きっぽいから、なんだけど
そうなった時に すぐに変えられたらいいだろうな~、って。

ちょうど弦がこの9月1日から
あら、今日だ!!
それも、2割りも!?値上がるするらしい。

通ってる教室の楽器店での弦楽器フェアが
6日から始まる、というお知らせがつい先日届いたものの
そのちらしにあった「お試ししてから購入できます」はバイオリンだけらしい。
思わず、よく読まないで申し込みしそうになったよ

この夏、お休みしていたレッスンも この木曜から再開するものの
先生と直接相談することも出来ないしな~

で、結局ネットのお店で注文。
頼んだのは・・・

  Larsen D
  Larsen A
  Jargar A
  Jargar D
  Spirocore G
  Spirocore C

の計6本

ヘヘっ、ヤーガーとラーセン、両方買っちゃったのは、冒険だったかな・・。
Posted by chikka‐j
comment:2   trackback:0
[cello
ラ・クァルティーナのコンサート~そして、後悔は先に立たず
昨日から何だかとんでもない天気のここ東京(ほかの地方もかな?)。
午後から 娘達が通った幼稚園で今も続けている音楽教室(のようなもの)のクリスマス会があるので
自転車で工房まで壊れた弓を取りに行って、そのままダッシュで向かって滑り込みセーフ。
行きに降りだした雨は いつの間にか本降りになってしまって
新聞紙の筒で身を固めた弓を守りつつ
これまた家までダ~ッシュ。

急いだ理由は今年2度目の ラ・クアルティーナのコンサートにいくから
今回は長女(中1)を連れて Go

地下鉄降りて うっかり地上に出てしまってばっかりに 強風に煽られ
かさはオチョコ寸前、オマケに方向を誤る始末。

どうにか目的地に到着。
軽い夕食を済ませ いざホールへ

前半はクラッシック中心のプログラム。
後半は秋にリリースされたアルバムからの曲と クリスマスメドレー
メドレーはなんと24曲もフューチャーした20分以上のアレンジ。
なかなか聞きごたえありました。
メドレーの最後は、リコーダーでも演奏した「そりすべり(リコーダーでは思いっきりスベッタけど)だったので、ひそかにノリノリ~~

娘も途中飽きてしまうかと思いきや
この前聞いたバイオリンのコンサートより、短く感じたらしい(ということは、楽しかったのだろう)

コンサートの余韻もそこ祖に、これまたイエまで一時間はかかるので、
取りあえずちょっと甘いものと飲み物を売店で購入。

・・・、何にも後悔することないじゃないか?って思われる方、
これからです

一本電車を乗り過ごし次まで時間あるな~、と思っていたところへ
チェロを担いだお兄さんが。

彼もコンサートの帰りかな?
と、思ってよく顔を見てみると
あれまあ、藤村俊介さんじゃああ~りませんか

なんだかちょっとお疲れの様子で
声を掛けるべきか、掛けないべきか・・。
ああ・・・、変なところで小心者のおばちゃん。
きっと、超えかけられたらそれなりに(可愛い子だったらなおさら)嬉だろうに・・・でも、出来ないよ~~
と、柱の陰に隠れてひたすら電車が来るのを待つ(って、あんたいくつ?って言われそう)おばちゃん。
様にならないまま、それでも同じ車両に乗り込んでみたりして
結局、何も声掛けられないまま乗換駅で降りた私たち

やっぱり、言えばよかった。

「素敵なコンサートありがとう

あ~あ・・・・。
Posted by chikka‐j
comment:11   trackback:0
[cello]  thema:音楽のある生活 - genre:音楽
初アンサンブル   追記あり
もう一月以上前のことになるけれど、初のアンサンブルが実現しました
とはいっても、チェロ初め、弦楽器ではなくて、いつものリコーダーの仲間、とです。
メンバーの一人が、ご主人の転勤で札幌に越してしまうことになって
彼女が参加する最後の練習の日。
あいにく先生はいらっしゃらない日だったけど、
前の練習の時に「ソロの曲だけど、みんなで順に吹きましょう」、と下さったもの。
伴奏はとてもシンプルで、バスリコーダーでコードの基音を「適当に」吹けばいいよ、らしい。
これ、チェロでもいけるんじゃない?って言われて悩んだけど
次いつ一緒に吹けるかわからないんだし 上手く弾けるようになるまで待っててもらったら いつになる事やら…
ここで 下手くそなのを聞いてもらったら もう怖いもの無し


当日、引っ越しちゃう友達には伝えてあったけど
ほかのメンバーはチェロケースを見つけてビックリ

で・・・。

いつも練習しているところは、公民館のフツーの会議室
なので、音はツーツーです
オマケに、その日は大きい会議室を二つに分けた片方、仕切りはアコーディオンカーテン
一応、控えめに弾いてみました
もう、それはそれは、キンチョーしたのなんの

だけど、初めはみんなの音が聞こえなかったけれど、だんだん聞こえてくると『イイじゃん』・・と自己満足
リコーダーのほうが音程が安定しているから、それに合わせていけばいいし
きっと、みんなの私の音どころではないだろうし(って、そんなことに甘えていてよいのか!?)
そんな中で、いつものバスリコーダーとはまた違った音色でのアンサンブルはよかったかも
もっちろん、へたっぴいだけど、
もうちょっと上手になったらまた合わせてもらおう


北海道に行っちゃった彼女にとっても チョッピリ忘れられない変な思い出になったかな~


***追記***

その時に演奏したのはこの曲
A Division on a Ground by Mr. John Banister
私たちはこんなに早くは吹かなかったですけど
Posted by chikka‐j
comment:4   trackback:0
[cello
2010年が始まって
2010年がスタートしました。
明けましておめでとうございます

なかなか肝心なレッスンの記録やら、コンサートのこととか
書き残しておきたい、と思うことはたくさんあったのに
『忙しい』を口実に残せなかった思いを どうにか今年に繋げて
少しでも自分の軌跡として残しておきたいもんだな~~
が、今の思い。

チェロを始めてもうすぐ3年目を迎えるだなんて
始めたすぐは、3年も習っていたらさぞ上手に、そして知識も豊富になることだろう
なんて能天気なことを漠然と思っていたけれど
現実はそうも甘くはなかった
当ったり前だよね~~

去年は念願のチェロアンサンブルに加えてもらったり
思わぬところで身近にチェロともが出来たり
自分の中での経験値がぐんっとUPした年でした

アンサンブルでは、思っていた以上に音を合わすことの難しさを実感

初めての日は、とにかく自分の音が聞こえなかった事にビックリ
今までは自分の音だけ、
もしくはレッスンのときに先生との2つの音しか聞いていなかった環境とは違い
いろんな音にかき消されているような、迷子になっちゃったような・・・・。
私の音、どこに消えちゃったの~~!?ホントに焦りました。
わずかながら回を重ねていくうちに だんだんと聞こえるようになって来て安心したのも束の間
今度は音程の悪さが・・・・。
これについては、きっと永遠の課題だろうから今回はあえて触れず

リコーダーのアンサンブルは長年やってきたけれど
それとはまったく違う!!
でも、面白~~い
なんていうか、出来上がるまでの道のりの
深く険しいところが、そそられるっ
ちょっとMな感じ


M続きで
今年はちょっとかなりな冒険も仕組んで見ました。

ひとつ目は先の日記にも書いた
第一回「チェロの日」に参加する。

ふたつ目は
5月にある、広島での1000人のチェロ・コンサートに参加!!


本来の参加資格の原則3年以上の経験がなくて躊躇していた私を
尊敬してるチェロミクさんが後押ししてくれて ようやく申し込みに踏み込めたのだけど
まだ楽譜も見ていないような状態なのに、どうしてだろう?ちっとも後悔していない。
何故だか『こんなところに来るんじゃなかった・・・』って、絶対思わないような気がするから、かな。

とにもかくにも、この大きなイベントを乗り切ったら
何かが変わりそう、絶対。


あと、忘れちゃならないことは「基礎」をしっかり
きっと、アンサンブル曲の練習に一所懸命になっちゃって
私のことだから弾きとおすことに夢中になってしまうのが目に見えてるから
そこをぐっと堪えて、あえて基礎練習。
今までに習った事をしっかり思い返して
常にきれいで丁寧な 出来れば深みのある、自分の出したい音が出るように。

あ、自分の出したい音って何?

今までは『ガリガリ』しない、とか『ブルブル』しない、とかいった感じだったけど
それもイメージできるようになりたいな~

相変わらず、『〇〇が弾きたい』って言う願望はまったくわかないけれど
一体、自分がどんな音を出せるようになるの?、ってすごく興味ある。


Posted by chikka‐j
comment:2   trackback:0
[cello]  thema:チェロ - genre:音楽
| HOME |